スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

熟眠を得るためには(ストレス) 

どうも、猫背で通常の身長より3センチは
低く見えてしまうtakatakagoです( ┰_┰)

過去の「熟眠を妨げるもの」を参考に願います。

今回のテーマは「睡眠時の姿勢」です。

私の場合
これが一番睡眠を阻害していたような気がします・・。
あはあは( ̄∇ ̄;)
睡眠時の姿勢はあまり気にしていない人が
多いと思いますが、
これが案外、腰痛の元になったり、
睡眠の質を低下させているようですね。

また、最も恐ろしいのは、
「睡眠時無呼吸症候群」です。

睡眠時無呼吸症候群とは、
眠っている間、本人はまったく無意識のうちに
呼吸が数十回も停止してしまい無呼吸状態となる病気がです。
寝ている間に喉の筋肉が緩んでしまい、
軌道をふさいでしまいその結果、
呼吸が止まってしまいます。

呼吸が一定時間止まると
脳から非常信号が出されるので呼吸は再開しますが
一晩に何十回もこの症状を繰り返していると、
十分な睡眠をとる事ができません。

睡眠中に症状が出るため、
患者本人に全く自覚がない・・。
無呼吸症候群の症状が出ていても「ただのイビキだろう」と、
言う程度です・・。しかし・・。

睡眠時無呼吸症候群の症状は
明らかに私達の生活の質を低下させ、
労働意欲や学習能力に対しての悪影響をあたえています。


先生に色々聞いてみると、
どうもやはり「仰向け寝」の方が多いそうです。

解決方法を、せんせいにインタビュー!

せんせい:「やっぱ横向きでしょ?」

takatakago:「そんだけですか?Σ(゜口゜;」

せんせい「あとは減量と禁煙かねぇ・・」
     「いろいろあるが・・コレが基本」

とにかく横向きで背中を丸めるようにして寝れば、
腰痛にもならないし、呼吸も整うそうです。

中高年の方には、これで指導しているようです。

私も、いびきかくからなぁ・・。
心配なので、最近横向きで寝ていますヽ(*⌒∇⌒*)ノ

スポンサーサイト

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ 2008/04/17 21:17 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakago.blog110.fc2.com/tb.php/102-0b5b3104