スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

成功者に不況はない 

うぐう・・。
不覚にも10時に寝てしまったので
今起きて作業しております。
ね・・眠い・・。
が!
Fight!!(o^-^)です。

最近であった素晴らしい「気づき」の言葉です。

その言葉の引用は、「CHANCE」(著者 犬飼ターボ)
からです。

それは・・
成功者不況はない」

っておい!題名に書いてるよ(゜◇゜)
ってつっこまないでくださいね・・。

私が踏み出せなかった一歩を、
この本はいとも簡単に解決してくれた・・。

この本を教えてくださった、
リックルハングさんホントにありがとうございます。

この本の詳細はリックルさんの この記事 で紹介されています。

この本から学んだ事は計り知れないのですが、
特に、 「成功者不況はない」

この言葉にびびび~っときました。

不況」というと何をやっても失敗するイメージです。
消費活動は冷え込み、販売店は苦戦する・・。
だれでも考え付くものだと思います。

しかし、不況でも利益を上げている会社もある。

それは何故なのか?
色々な見方があると思います。

①逆張りの発想
(例えば、外貨なら、サブプライムで経済の冷え込みを予測して、ドル売りから入るなど・・)
不況ならではの商売に転換
③消費より投資(先行投資)
不況を見越しての基盤作り
⑤キャッシュフローの見極め
⑥有形から無形のサービス
その他もろもろ・・

つまり、
「その状況に見合った商売に転換」
「好況のときの基盤作り(先行投資)」
不況時のキャッシュの流れの変化」

が根っこなのではないかと考えました。

特にバブリーな時の失敗事例を見ていると、
無用な消費が先行しすぎ、将来への投資がないがしろだった。
このため泡がはじけた時のショックに耐えられなかった・・。

また、「伝統だから・・。」とか、
「この商売1本でいく!」など・・。
これはこれで大事ですが、
時代に応じた「販売形態」や「プラスα」があるか?
昔ながら・・といいながら、
変化をのぞまなかっただけではないのか・・?

この「成功者に不況はない」
という言葉だけでいろいろ考えさせられます。

むしろ、不況だから成功している?というケースもあります。

「変化」をどう捉えることができるのか?

私にとって、「永遠のテーマ」なのかもしれません・・。

まだ3時だぁヽ(*⌒∇⌒*)ノ
出社まで5時間もある!

ん?
眠さはこの記事かいてたらふっとびました。
まぁ22時から3時まで5時間寝たので十分(*'-')b

今日も一日がんばりましょおヽ(*⌒∇⌒*)ノ
スポンサーサイト

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ 2008/05/13 03:22 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakago.blog110.fc2.com/tb.php/125-007e7808