スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おおい・・スターバックス・・ 

不景気は果てしなく広がる・・。

私にとってこのニュースはちょっと衝撃的でした。
スターバックス、閉鎖する米国内店舗数を600店に拡大】
 シカゴ(ウォール・ストリート・ジャーナル)米コーヒーチェーン大手のスターバックス(Nasdaq:SBUX)は1日、閉鎖する米国内店舗の数をこれまでの予定より500店増やし、従業員の7%を削減すると発表した。米国事業の縮小でこれまでで最も大きな動きとなる。
(日経ヴェリタスより)

カフェはカフェでも、大多数の集客を誇っていた
スターバックス

スタバコーヒーは高い(適正価格?)
というイメージがあり、
ユーザーはより安いコーヒーに移っていきます。

今回の事例で考えさせられる事は、
①勢いに乗じ店舗拡大したが、店舗拡大しすぎた。
②より安いカフェや自販機コーヒー
  顧客が流れていった。
③消費者の節約の対象になりがち
  (生活の見直しをすると嗜好品は淘汰される)
④店舗拡大とリスクマネジメントのバランス

などを考えさせられました。

コーヒーなどの嗜好品は、
やはり景気の動向を受けやすい。
高所得者層の多い都市部では発展するが、
中間から低所得者層の地域では厳しくなる・・

そのため、地方では節約のためにコーヒー離れ、
また都市部でもコーヒー離れが広がってくる・・。

ただでさえ単価の高いスタバは、
まっさきに狙われるでしょうね・・。

コーヒー界の代表的な存在であるスタバ
スタバ大好きな私としては、
上記の問題を解決するための
アイデアを出してもらいたいものです。


スポンサーサイト

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ 2008/07/03 06:50 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakago.blog110.fc2.com/tb.php/164-b2e51375