スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

既成概念の打破 

私達の生活は、
今までの人々が培ってきた考え方。
すなわち常識に包まれています。

この常識があるから、
みんなまとまった思考を
ある程度取る事ができるのかもしれませんね。

でも・・
でもね・・

気になる方は
ぽっちりをお願いいたしまする
その常識は、
本当に正しいものなのでしょうか?

その常識は、
今の現状に即しているのでしょうか?

その常識は、
どうして常識になりえたのでしょうか?

上記のうち2つは、
今の現状に即したマーケティングで
よく検討されていると思います。

でもね・・(゜◇゜)

今までの常識
どうして常識になりえたのでしょう?


この点については、
詳しく検討されているのかな?

例えば先日の記事で書いた、
土用丑の日になぜうなぎなのか?
そんでもって、いつ【常識化】したのか?
どうやって浸透させたのか?

過去から学ぶマーケティング思考って
大事だと思いません?

売れなかったモノが売れる仕組み。
これは【売り方】に問題があるのでしょうね・・。

だとしたら売り方を変えれば、
売れなかったモノも売れるようになるかも・・?

おもしろそうだ・・
既成概念の打破。
それだけにとどまらず、
既成概念の構築。

古い発想から学び、
現代風にリアレンジしたり・・

昔からある商品に
新しい息吹を吹き込んだり・・

まだまだ眠った市場は
たくさんあるのでしょうねヽ(*⌒∇⌒*)ノ
スポンサーサイト

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ 2008/07/27 22:55 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakago.blog110.fc2.com/tb.php/185-0530b25f