スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

脱ノルマ化システム 

営業の世界は成果主義
営業がいるから売込みができる
売り込みの結果利益が上がる
その利益を持って会社を維持する。

それは今も昔も変わらない真実

企業は利益をあげなければならない。

それは、
株主のため
企業の拡大のため
従業員の給料のため
会社存続のため・・
その他もろもろ・・

でも、この不景気の時代
考えなければならない状況まで
きているようですね
脱ノルマ化!

今日のワールドビジネスサテライト
でも取り上げられていました。

また、この記事にもその内容が
書かれています。
    ↓
脱ノルマ・・・資生堂の挑戦

この企業だけに限らず、
様々な企業脱ノルマを検討しているようです

売上げ企業活動の評価

しかしこの売上げ
本当に販売ノルマだけの影響なのか?

もちろん売り込み効果は大きい。
ですが他の要因もあるのでは?
と言うところがミソです。

実際に人事考課から販売ノルマの
評価基準を外しているようです。

その代わり、
新規顧客の数
新規契約の数
自己研鑽の手法
会社改善のための提案
顧客獲得のための行動
リピーターや指名の数

などの項目を評価の要にしている様子。

数字からの脱却により、
現場サイドの顧客志向を高めると言うことか?

確かに、過度な売り込みは
顧客に圧迫感を与えるし、
色々な思惑を感じさせることになる。

それよりも顧客のために行動し、
顧客サービスを高めた方が、
買いやすい、サービスを受けやすい
環境を作り出せるかもしれない。

ただし、
ノルマ脱却が
営業現場のモチベーションにどうかかわるのか?

具体的な数字で評価しない分、
他のどういう内容で評価をしていくのか?

課題はありますが、
新しい変化を生み出せるシステムではないでしょうか?

この不景気の中、
売上げ至上主義から
将来のための顧客獲得に移行することは
今の時代を乗り切るための設備投資なのかも
しれないですね。
スポンサーサイト

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ 2008/11/23 09:46 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakago.blog110.fc2.com/tb.php/208-6b5deb7a