スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

審社会人 

4月に入り、桜が舞い散る中、
新しい世代の新入社員が夢と希望を持って、
入社式を迎えるニュースが多くでていました。

その中で、気になった言葉があります。

それは、
審社会人

新社会人を文字って、創った造語です。

毎日コミュニケーションズの
「フレッシャーズ」編集責任者の西達矢さんが
おっしゃっている言葉です。

詳しくはコチラに記載しております。

昔に比べ、新社会人はおっとりしたタイプが多いと分析しています。
また、企業側も社会貢献という夢や希望を大いに語って、
それを受け止めた学生が入社するということになるので、
学生はきれいな部分しか見えていないと言う事もあります。

しかし、実際はどろどろしている。

私の場合も悩まされましたが、
会社内派閥、
社員同士の足の引っ張り合い
アピーラーの存在
様々な不正
社会と会社の矛盾・・

以上のようなことで新人は、
会社が自分の思っていたことと違うと
さっさと辞めてしまうという・・。

おっとりしている分、感受性が強く
チェックの厳しい人種としての代名詞が
審社会人としてあげられています。

言葉としては新しいかもしれませんが、
私の新人の頃から、こういう人は多かったかもしれません。

なにせ、私がそうだったのだから・・。

堪え性が無いと言うところでは、
私も反省するところはあると思います。

しかし、それに違和感を覚えず、
馴染んでいく自分がいるとすると、
もっと耐えられません。

感受性だけは無くさずに持っておきたいです。

なによりも、いろいろなタイプの新社会人が
いると思います。

見識者は、その新社会人の個性を見抜いて
個々が大きく羽ばたけるような環境に
送り込んであげるのも大事なのでしょうね・・。

きれいごとかもしれませんが・・( ┰_┰)
人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ



スポンサーサイト

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ 2008/04/01 23:08 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakago.blog110.fc2.com/tb.php/86-02ea192d