スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モノつくりの国 

日本は素晴らしい国です。

無から有を生み出す力は、他国と比べても
十分戦える・・。
いや、水準よりも上のレベルにあると思います。

その背景にはモノを創る技術力、開発力があったから
だと思います。

しかし、それは資源があってこその話です。

昔と現在では状況が変わってきています。

石油が1バレル100ドル超え、
小麦、とうもろこしの価格高騰、

ここ最近の資源高騰により、
モノつくりの速度が低下してきています。


ある大学の教授が言っていました。

「日本は大きくて、よく冷える冷蔵庫を
 作ることができるが、中に入れる資源がない」



どんなに立派な冷蔵庫や金庫を作っても、
中に入れるものが無ければ無用の長物です。

国民をまかなうほどの食糧を確保するのにも、
エネルギーを得るにも、
外国の力が無ければどうにもならない。

新興国も日本を超える成長を遂げ、
日本の独壇場だった技術力も流出しています。

資源もなく、技術力、開発力を奪われてしまうと
世界で戦える国ではなくなってしまう。

日本の向かう方向はどこか・・?

それは、全く新しい発想から生まれてくるもの
であると信じています。

私なりの考えなのですが、
その分野は・・・・・。
アシタの日記にかきま~すヽ(*⌒∇⌒*)ノ

応援くださいぃいぃぃいい
人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ





スポンサーサイト

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ 2008/04/03 00:11 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakago.blog110.fc2.com/tb.php/87-540526c8