スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

居酒屋経済会談(水道局) 

今日は6時と早い時間から居酒屋
で取材(単なる飲み会)を行いました。

今日のお相手は水道局に勤めるYさん。

この人からとんでもない事を聞きだしました。
先日、私が書いた記事に、
水を主体とした環境問題で
日本がアドバンテージをとるべきだと書きました。

 過去の記事はコチラ

この水問題は、海に囲まれており、
温暖で水の循環もいい日本では、
まだあまり問題視されていませんが、
世界的に見て大きな問題になっています。

特にヒマラヤなどの山岳部では、
山の上の氷河が溶けだし、
そこにある生活水が無くなってしまう。

また、大規模なプランテーションにより、
井戸の使用が増える事による、
地下水の枯渇も大きな問題です。(アメリカなど)

いろいろ水における深刻な問題がある中、
今日、教えてもらったのは、
水ビジネスにおいて、
国内の主要業種大手と東京大学からなる
「産業競争力懇談会」という会で、
水ビジネスを日本の有力な輸出産業に育成する
と明言されたというニュースがあったそうです。

その記事を探してきましたが、
コチラです。

水道局としては、
この方針に賛否両論のようで、
今度は日本の水が枯渇したらどうするのか?
設備投資と水輸出の釣り合いがとれるのか?
など、
不安要素もまだあるようです。

確かに、他国への輸出産業としての
「水ビジネス」も有効ですが、
その前に、日本の水源をきちんと確保して、
国民の生活の保障が取れてからにして欲しいです。

どういう方向に向かっていくのか・・?
私自身興味のある分野であり、
さらに日本が環境国として、
この水ビジネスをどういう形で展開するのか?
ある意味楽しみでもありますが・・。

Yさんもどうなるのか検討もつかないようです。

当たり前のようにある水。
これは石油などとは違い、
人間の生命に直結する資源です。

だからこそ、
水をめぐる争いだけは起きて欲しくないと
祈っています。

水を独占するのではなく、
水を生み出すと言う方向で進めることができれば、
その技術をもってすべての国が幸せになれる。
そういう方向性に向かって欲しいです。

Yさん貴重な話ありがとう。
水には強くても、お酒には弱いのね・・。
すぐべろんべろんになっちゃうんだね・・。
こんな早い時間に打ち切りなんて
久しぶりだよ・・。

とにかくYさんありがとうヽ(*⌒∇⌒*)ノ
人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ


スポンサーサイト

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ 2008/04/05 22:13 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakago.blog110.fc2.com/tb.php/90-70ed1be9