スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ベンチャー企業で働くと言うこと 

お疲れ様です。

今日は、外回りではなく、事務処理で
一日を費やしたtakatakagoです。

今日は、半年前に購入しておきながら、
まだ読めていなかった本を紹介します。

2006年に発刊された本なのですが、
Amazonで見かけ、題名に一目ぼれした本です。

今日の朝にがっつりと読んでみました。
朝読書っていうのもいいものですね。


今、自分の思いや夢を昇華させて、
自分の働きたい職についている人は
どれだけいるのでしょうか?

私自身、その悩みを持つ一人です。

そういう悶々している時期に、
この本に出会いました。(半年前)

ベンチャー企業というと、
新しい発想を基にした、新興企業という
イメージを私自身もっており、
夢を追える素晴らしい場であるという
認識を持っています。

しかし、実際に就職するに当たり、
大手企業のような安定感がない、
先行きや実態がなかなか見えないと言う事で、
リスクもあります。

ただ、この本を今日読んでみて、
自分自身の夢を現実に変える点で、
非常に重要な場だなと再確認できた気がします

この本では、
「いいベンチャーと悪いベンチャーの見分け方」
という表示があり、
ベンチャーとしての経営者はどうあるべきか?
というテーマにも触れています。

例えば、きっちりとしたホームページを持ち、
「自己のブログを作り、更新し続ける経営者には、
きっちりと事業を追い続け、
みんなに知ってもらいたいという気持ちを前に出している」
と書いています。
また、ワンマンではなく、みんなの意見に
耳を傾けるという近い存在であることなど・・。

私は経営者でもなんでもないですが、
あぁ・・なるほど・・。と思いました。

現に、いつも拝見させて頂いている、
ブロガーの皆様を見ても納得がいきます。

こういう理念の下、活躍している経営者に
私を含め、夢を追っている人は惹かれるのでしょうね。

また、就職するに当たって、
希望者にはスキルよりも、
気持ちやガッツが大事だと書かれています。

スキルは後から付いてきますが、
気持ちやガッツはそう簡単にはいきません。

大企業であれ、ベンチャーであれ、
素直さガッツを持って、
就職する事になるのでしょうが、
これを維持するのは非常に困難だと
私は思っています。

「自分の可能性を広げる」
「自分の夢の近道」
「自分の修行、成長の場」
という企業に属す事ができれば、
この素直さガッツ
より高められ、持続するのでしょうね。

いい気付きを促してくれました。ヽ(*⌒∇⌒*)ノ

がむしゃらをモットーとしている
私にとって、勇気を与えてくれた本です。


スポンサーサイト

是非とも応援クリックをお願いします<(_ _)>
             人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ  
【スポンサードリンク】
[ 2008/04/14 18:44 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakago.blog110.fc2.com/tb.php/98-4ed1f655